ライスミルクでおすすめは?

置き換えダイエット(ライスミルク)おすすめの全成分(調査)

玄米ミルクスムージーは栄養素が破壊されない!

kome_genmai

お米の代わりの置き換えダイエット、ライスミルクダイエットが大流行していますが、中でも、玄米ミルクスムージーは栄養素が破壊されないでそのまま摂取することができるんです。

簡単に言えば、
1食分のカロリーを減らしても、栄養素はそのまま。
もしくは、人によっては、逆に栄養バランスが今までよりも、よくなったりするかもしれません。

玄米ミルクスムージーの全成分を調査しました!

では、そんな玄米ミルクスムージーには何が入っているのか?全成分を見ていきましょう!

玄米末(玄米ミルクスムージーの主成分である玄米を粉末状にしたものです!)

きな粉(大豆(遺伝子組み換えでない))(←遺伝子組み換えでないって書いてあるのは
結構重要ですよね!最近は、激安スーパーの商品にはこの遺伝子組み換えでないって表記
がない商品も多いですよね!)

還元麦芽糖水飴(わかりやすくいえば,甘味料のことです。入ってると飲みやすくなりますからね!)

でんぷん分解物(なんだか、わかりにくいですが、要するに消化されにくいデンプン分解物を分離させ水溶性食物繊維にしたものだそうです)

黒糖(これは、白い砂糖ではなく、黒い砂糖です。親しみのある食べ物としては、黒飴なんかがこれですよね!)

和三盆糖(こちらも砂糖の一種なのですが、主に香川県や徳島県などの四国東部で伝統的に生産されている砂糖です。日本古来からある伝統の砂糖のようですね)

ミルクカルシウム(あまり聞きなれない成分ですが、乳清を原料として得られる風味がとても良い白色の天然カルシウムのことです)

青玄米(育ち盛りの玄米を収穫したもの。これから成長するための栄養が豊富に含まれ、その上、小粒で白粒部分が小さく表皮が厚いため、食物繊維も豊富に含まれています。)

この他にも、下記のたくさんの成分が含まれています。

胚芽押し麦、はだか麦、もち玄米、もち黒米、もち麦、水素焼成サンゴ末、酵素処理アスパラガス抽出物、月桃葉抽出物、はと麦、もち赤米、もちきび、人参末、紫イモ末、椎茸末、カボチャ末、玉ネギ末、大根末、小豆、ひえ、もちあわ、青大豆、黒大豆、トウモロコシ、増粘多糖類、微粒二酸化ケイ素、甘味料(ステビア)、(原材料の一部に大豆、乳を含む)

↓↓↓ 玄米ミルクスムージーをお得に手にいれるにはコチラへどうぞ!

-ライスミルクでおすすめは?